「G−DRAGONは僕がもっと好きだ」

ヨン・ジョンフンは京畿(キョンギ)道 一山(イルサン)MBC ドリームセンターで開かれたMBC週末ドラマ「金よ出てこい、さっさと!」記者会見で「多くの方々がとても誤解している。実はG-DRAGONは僕がもっと好きだ」とサプライズ発言をした。

彼は「コンサート場も一緒に行こうと思ったが非常識だと思い、それで僕は行かない。前にハン・ガインが1人で行ったG-DRAGONのコンサートチケットも僕が手に入れてあげた。僕がやきもちを焼く事はない」と裏話を伝えた。

先立ってヨン・ジョンフンはハン・ジヘとラブラインが先に進みながら妻ハン・ガインがやきもちを焼かないのかに対する質問を受けた。これに対して「面白い場面が出てきても妻はそれほど気を使っていなくて、むしろもっとロマンチックコメディーに似合うことができるように上手にしなさいとアドバイスをしてくれる」と明らかにした。また、「すべての男優たちがどの瞬間にもとても強い役にとらわれすぎるので、僕もそうだった。この役をしながら見る人々にとって『あんな風に恋愛したら良いだろう』と思うほどに面白い姿を演出するために努力している」と言った。

この日演出を引き受けたイ・ヒョンソンPDはヨン・ジョンフンに対する自慢を付け加えた。「とても賢明で利口な俳優だ。以前の作品である『ヴァンパイア検事』や『エデンの東』を見た時に明るくて軽快な姿を演技することができるか心配したが、これからは一段階もっと越したようだ」と言った。引き続いて「余裕のあるように配役を演じることができて強弱調節もとても上手な良い俳優だ」と伝えた。

ヨン・ジョンフンは大規模宝石会社社長の長男ヒョンス役を引き受けた。一回の離婚の苦しみを経験したヒョンスはモンヒ(ハン・ジヘ)を通じて傷を治癒するようになる。モンヒとのラブラインが本格的に始まりながら視聴者たちの関心がもっと集中されている。

-Copyrights(C) Nocutnews & Jpictures Syndicate-