大変なほど純粋な成就感を感じることができる

俳優リュ・スヨンが「Two Weeks」と「本当の男」の差を明らかにした。

リュ・スヨンはソウル江南(カンナム)コンベンションHERITZで開かれたMBC「Two Weeks」制作発表会で「2つのプログラムを並行しながら大変だという考えをしなかった」と返事をした。

リュ・スヨンは現在MBC「日夜-本当の男」に出演して多くの愛を受けている。ここにリュ・スヨンは「ドラマはいつもして来たからなのか大変だという考えはしない。むしろ『本当の男』が大変だ。しかし、大変なほど純粋な成就感を感じることができる」と伝えた。

引き続いて「モニターをする時はドラマが難しい。僕の演技を分析して評価しなければならないからだ。一方、『本当の男』は放送当時は大変だがモニターする時は気持ちが良い。まるで発表会のビデオをまた見る気持ちだ」と付け加えた。

「Two Weeks」は殺人の濡れ衣を着せられたチャン・テサンが白血病を病む娘(イ・チェミ)の存在を知って、救うために2週間孤軍奮闘する話を描いた作品だ。イ・ジュンギ、キム・ソヨン、リュ・スヨン、パク・ハソン、チョ・ミンギ、キム・ヘオク、イ・チェミらが出演する。韓国で8月7日より放送される予定だ。

-Copyrights(C) Nocutnews & Jpictures Syndicate-