2人の俳優の演技の相性が期待されている状況だ

俳優イ・ヨウオンがSBS月火ドラマ「黄金の帝国」への出演を最終的に決めた。

SBS側は何回もの論議のあげくイ・ヨウオンの出演を最終的に確定したと伝えた。

劇中イ・ヨウオンの演技するチェ・ソユンはソンジングループの2番目の娘で賢くてリーダーシップある女性だ。先立って男性主人公であるチャン・テジュ役は俳優コ・スがキャスティングされて2人の俳優の演技の相性が期待されている状況だ。

イ・ヨウオンは最近映画「伝説の拳」でホン・ギュミン役を引き受けて観客たちの好評を博したし、次期作で多くの作品を苦心したあげくに「黄金の帝国」への出演を確定して今回の作品に対する信頼を見せた。いつも多様なキャラクターを自分のカラーで演じて来たイ・ヨウオンが今回のドラマではまたどんな姿を見せてくれるか期待を集めている。

一方、「黄金の帝国」は「チャン・オクチョン、愛に生きる」の後続として放送される作品で1990年代の初めから20余年に渡る韓国経済の激動期、帝王の座を置いて家族の間に起こる争奪戦を描いた家族政治ドラマだ。

-Copyrights(C) Nocutnews & Jpictures Syndicate-