「ガンマンアクションと新鮮な試みがドラマの面白味を倍増させるだろう」

俳優イ・ジュンギがKBS2TVの水木ドラマ「朝鮮ガンマン」にキャスティングされた。

「朝鮮ガンマン」側が発表し、イ・ジュンギが主人公パク・ユンガン役で登場すると説明した。劇中でパク・ユンガンは朝鮮最後の剣客だ。開花期時代を迎えてガンマンとして登場し、民衆のヒーローになる人物だ。

イ・ジュンギは所属事務所を通じて「これまでドラマではあまり見られなかったガンマンという部分、そしてユンガンが銃を持つしかなかった内的な葛藤など数多くの魅力が僕をひきつけた。たくさんの視聴者に見てもらえるように良い演技をしたい」と意気込みを語った。

ドラマ関係者は「これまで見ることが出来なかったガンマンアクションと新鮮な試みがドラマの面白味を倍増させるだろう。特にパク・ユンガンを中心に荒波の開花期時代の若者たちの夢と希望を描き出し、『感性アクションロマンス』という言葉がふさわしい程に新しいジャンルになるだろう」とした。

韓国で4月中頃にクランクインし、6月から放送される。

-Copyrights(C) Nocutnews & Jpictures Syndicate-