ドラマ「純金の地」制作発表会が行われた

2月4日、ソウル永登浦(ヨンドゥンポ)区、汝矣島(ヨイド)洞63コンベンションでKBS 2TV朝の連続ドラマTV小説第5シリーズ「純金の地」記者会見が開かれた。

TV小説「純金の地」は土地だけでなく家族まで分断した6・25韓国動乱(朝鮮戦争)の傷痕が残った1950〜1970年代の京畿(キョンギ)道、漣川(ヨンチョン)一帯を背景に、荒れた土地を高麗人参畑に変貌させ、村を生かし、愛で人を癒した女性、チョン・スングムの人生史を描く。

カン・イェソル、カン・ウンタク、ペク・スンヒ、イ・ビョンフンらが制作発表会に参加し、各子役たちと一緒にフオトタイムに応じるなど明るい撮影現場を誇示した。

この日ペク・スンヒは自分が引き受けたハン・ジンギョンのキャラクターに対して「明るくて綺麗な姿の後ろに隠された傷を隠すために努力する姿が魅力的な人物だ」と話し始めた。引き続いて「カン・ウチャン(カン・ウンタク)の前では高慢で女らしく見えたがるキャラクターだ。実際の私にもとても似ているようだ」と説明した。

ここに実際の恋愛スタイルも劇中のハン・ジンギョンと似ているかと言う質問にペク・スンヒは「実際には安全な恋愛を追い求める方だ。もしジンギョンと同じ状況に遭ったらハン・ジンギョンのように他人に傷つけないとしても奪うようだ」と率直に答えて注目を集めた。また、ペク・スンヒは「まずは(悪女の役を)信じて任せてくださってとてもありがたく思っている。今回の作品でお母さんのようなファンの方たちがたくさん生まれたら嬉しい。あまり憎まずに愛でかばってやってください」と伝えた。

-Copyrights(C) Nocutnews & Jpictures Syndicate-