映画「標的」制作報告会

3月25日、ソウル江南(カンナム)区、鴨鴎亭(アックジョン)CGVで進行された映画「標的」制作報告会にはチャン監督、俳優リュ・スンリョン、イ・ジヌク、キム・ソンリョン、ユ・ジュンサンが参加した。

一方、「標的」は疑問の殺人事件に巻き込まれた男ヨフン(リュ・スンリョン)と妻を助けるために彼と危険な同行をするようになった医者のテジュン(イ・ジヌク)、彼らを追う2人の刑事が広げる36時間の息の詰まる追い討ちを描いた作品だ。韓国で来月30日に公開される予定だ。

この日、ユ・ジュンサンは「制服を着れば演技に感情移入がよくできる。自分の服のように楽だ。ミュージカル『三銃士』をする時も服を着ている時に楽だった。今回は警察だから気持ちが良かった」と言った。

引き続いて「今日は言葉を惜しんでいる。何故ならば検挙率100%の警察だからだ。笑っていることができない。役をもっと充実させるために言葉を惜しんで笑いを控えている。しばらくは私が笑う姿を見られないだろう。『標的』に500万人の観客が入れば笑う」と付け加えて笑いを催した。

-Copyrights(C) Nocutnews & Jpictures Syndicate-