「FNCがここまで来るように道を切り開いたFTISLANDに感謝」

FNCエンターテインメントの最初のファミリーコンサートを成功させた。

今月15〜16日、日本武道館で開かれた「2013 FNC KINGDOM IN JAPAN -Fantastic&Crazy- DAY2 -Crazy day-」には、デビュー8年目のFNC第1号のバンドFTISLANDを筆頭にCNBLUE、JUNIEL、AOA、ソン・ウニ、イ・ドンゴン、N.FlyingなどFNC所属アーティストが出演した。

この日はバンドの名門FNCらしく、ファミリーコンサートも“バンドフェスティバル”として一味違う雰囲気で作られた。FTISLANDはボーカルイ・ホンギを筆頭に、ドラマーチェ・ミンファンとベーシストイ・ジェジンのパワフルなリズムサウンド、チェ・ジョンフン、ソン・スンヒョンの華やかなギター演奏を披露した。

この日CNBLUEはワールドツアーで鍛えられ、洗練されたステージパフオーマンスで、観客をひきつけた。CNBLUEはニューアルバム「Can’t Stop」の収録曲を日本から来るライブで披露し、観客の声援を得た。続いてJUNIELとAOA、イ・ドンゴンもサポートのバンドメンバーと共にステージを整え、ソン・ウニとFTISLANDのソン・スンヒョンのデュエットTwo song placeもユニットステージを披露した。

今月15、16日の2日間で2万6,000人の観客が集まったFNCファミリーコンサートは、FTISLAND、CNBLUEが9曲ずつのセットリストでオープニングとクロージングを交互に続け、この他にも各種コラボレーションとサプライズの発表が公開された。

特に俳優イ・ドンゴンは未公開の新曲「Oh I love you」を公開して歌手復帰を発表し、Two song placeとAOAの異色コラボ、新人バンドN.Flyingのデビュー式などが繰り広げられた。コンサート2日目、Two song placeのステージには、CNBLUEのカン・ミンヒョクがダンスに合流し、デビュー後初めて“ダンスステージ”を披露した。

FTISLANDは「FNCアーティストが全員集まってファミリーコンサートを開催できることになり、本当に嬉しくて幸せだ」と感激に溢れた感想を述べ、CNBLUEは「FNCがここまで来るように道を切り開いたFTISLANDに感謝する」という言葉で温かい雰囲気を作り出した。

FNCファミリーコンサート「FNC KINGDOM」は、日本を始め韓国や海外の様々な国で公演するライブツアーにつながる。

-Copyrights(C) Nocutnews & Jpictures Syndicate-