「流行男」であることを立証

イ・ジョンソクが秋夕(チュソク:旧盆)連休に一緒に買い物したい芸能人1位に選ばれた。

全職員の中で女性の割合が60%以上のNSホームショッピングは近付く秋夕(チュソク:旧盆)を迎えて秋夕(チュソク:旧盆)を準備する消費者たちの認識を調査するためにコールセンター及び協力社職員含み女性600人を対象にして8月26日から30日まで秋夕準備関連アンケート調査を進行した。

その結果、イ・ジョンソクは全体投票結果の中で34%を占めて秋夕連休に一緒に買い物したい芸能人1位に輝いた。キム・スヒョン(20%)、イ・スンギ(17%)、ソン・ジュンギ(9%)を追い抜いて「流行男」であることを立証した。

この他にも「秋夕で一番負担になることは何か」という質問には回答者の中で35%が「食べ物及び祭壇を調えること」として返事した。その次には「小遣い(28%)」「家族、親せきたちとの出会い(22%)」「義家訪問(15%)」の順で出た。引き続いて「秋夕ストレス解消法」ではおおよそ37%が「ショッピングをする」と返事したし、「映画/公演(31%)」「旅行(16%)」「マッサージ(12%)」などが順に後を引き続いた。「秋夕後に主人に貰いたい贈り物」は「かばん及びファッションアイテム(24%)」が1位になった。企業で支給する秋夕の贈り物の中で一番もらいたい贈り物では「商品券(82%)」が圧倒的だった。

NSホームショッピングの関係者は「流通業界では秋夕前後でブランドのカバン販売率が急騰する現象をたびたび見られるのに、これは秋夕の間に積もったストレスをショッピングで解消する主婦顧客たちが多いということを示唆する。秋夕は家族たちが一緒にする席であるだけに女性一人で家事労動を専任するよりは家族が一緒に助けて楽しい時間を過ごすのが望ましい」と伝えた。

-Copyrights(C) Nocutnews & Jpictures Syndicate-