7周年のWG…グループ存続の危機

2PMのテギョンが、Wonder Girlsのデビュー7周年を祝った。

テギョンは自身のSNSツイッターに「Wonder Girls!彼女たちがいなかったら2PMはいませんでした〜。感謝とお祝いを申し上げてファイト〜★」とつづった。そして「#7WonderFulYearsWithWG」というハッシュタグを付けてツイッターユーザーたちと共に、Wonder Girlsを祝った。

Wonder Girlsは2007年2月、シングル「Irony」でデビューした。しかしこのようなお祝いメッセージにも関わらず、Wonder Girlsはグループ存続自体が危険な状況だ。リーダーソネは結婚の後、歌手活動を中断している。そしてチームのマスコット的存在であるソヒは、Wonder Girlsを脱退して所属事務所まで変えた。ソヒはWonder Girlsを脱退した後、今月10日、BHエンターテインメントと専属契約を締結した事実を明らかにした。

-Copyrights(C) Nocutnews & Jpictures Syndicate-