「撮影現場でにっこりと笑う君を見ながら、いつも元気を貰った」

女優パク・シネの慰問手紙に部隊が揺れた。

放送されたMBC「本物の男」では、褒賞休暇がかかった白骨部隊の慰問手紙の自慢タイムが電波に乗った。

この日の放送で慰問手紙を朗唱するため、アイドルグループZE:A(ゼア、帝国の子供達)のメンバーパク・ヒョンシクは「SBS水木ドラマ『相続者たち』のチャ・ウンサン(パク・シネ)が送った」という言葉で皆を驚かせた。

『相続者たち』の中のパク・ヒョンシクの流行語である「テヘッ」という言葉で始まる手紙で、彼女は「私のビタミンになってくれたヒョンシク、訓練を受けるのに苦労が多いでしょう?撮影現場でにっこりと笑う君を見ながら、いつも元気を貰った。素敵な君に出会えて本当に感謝したシネ姉さんが」という内容を入れた。

パク・ヒョンシクの手紙朗唱に慰問手紙自慢の進行を引き受けた将校は、「手紙はパク・ヒョンシクが読んだのに、なぜ私たちがときめくのだろうか」という反応を見せて笑いをかもし出した。

-Copyrights(C) Nocutnews & Jpictures Syndicate-