DSP「当社はカン・ジヨン側と時間を設け、延長契約に対する追加議論を持つ計画だった」

ニコルに続きカン・ジヨンもKARAを脱退するという便りが、ネチズンの関心を集めている。

KARAの所属事務所であるDSPメディアが、今月15日午前に報道されたカン・ジヨンの専属契約満了報道と関連して「カン・ジヨンは4月までDSPメディアとの専属契約期間と、予定されたスケジュールが残っている。先に報道されたように、DSPメディアとの再契約議論のなかで『学業のために留学したい』という意思を伝えてきた」と公式的な立場を明らかにした。

引き続き「今月8日には内容証明ではなく、延長契約に対する本人の立場が記載された通知書を通じて『新しい合意案がない限り、延長契約はしない』という立場を伝えた。当社はカン・ジヨン側と時間を設け、延長契約に対する追加議論を持つ計画だった」として通知書の内容の一部を公開した。

カン・ジヨンが送った通知書には「カン・ジヨンは(株)DSPメディアとの専属契約を新しい合意案がない限り、これ以上延長しない。このような意志を本通知書で公式的にお知らせする」という内容が含まれていて目を引く。

DSPメディアはまた「当日、意図せず該当内容が報道され、カン・ジヨン本人の意志を再度確認、依然としてKARAを脱退して学業と役者の道へ進みたがっている立場であることを伝えられた。これに対しKARAは4月以降からパク・ギュリ、ハン・スンヨン、ク・ハラを中心にチームを再整備し、今後スケジュールを進めていく」と伝えた。

カン・ジヨンKARA脱退の便りにネチズンは「ニコルにジヨンまで」「KARAの完全体はもう見られないね」「アイドルグループの7年は本当に峠のようだ」などの反応を見せた。

-Copyrights(C) Nocutnews & Jpictures Syndicate-