“演技アイドル”の偏見を打ち破り、生き残れるか注目

ガールズグループのメンバーが演技のためにチームを離れている。

今月15日、ガールズグループKARAの所属事務所DSPメディアはカン・ジヨンの脱退を公式的に発表した。他のメンバーニコルが今月16日に専属契約満了を迎えた状況で、カン・ジヨンの契約が満了する4月以降、KARAはパク・ギュリ、ハン・スンヨン、ク・ハラの3人を中心に再整備される。

KARAと共に第2世代アイドルに分類されるガールズグループWonder Girlsでも、最近ソヒが脱退した。2人の所属事務所が明らかにした内容によれば、偶然にもカン・ジヨン、ソヒ共にグループ脱退後に歌手ではなく役者の人生を夢見ている。

DSPメディアはこの日、カン・ジヨンの意志を再度確認したとし「依然としてKARAを脱退して学業と役者の道へ進みたがっている立場であることを伝えられた」と説明した。

Wonder Girlsの所属事務所JYPエンターテインメントもまた、ソヒの契約満了を知らせる当時「新しい雰囲気で役者として専念したいという意思を明らかにしており、多くの協議の末、本人の意見を尊重することにした」と伝えたことがある。

これに対しグループを離れたカン・ジヨンとソヒが女優へ転向する場合、歌手時代に劣らぬ成功を収めるかが関心事に浮び上がることになった。

しかし挑戦は侮れないと展望される。最も高い壁が“アイドル出身俳優”に対する大衆の否定的な認識を破ることだ。最近アイドル歌手のドラマ、映画進出が活発になったが、大衆の好評を受けるのはきわめて一部で、依然として多くの“演技アイドル”が演技力不足を指摘されている。

KARAやWonder Girlsに先立ち、第1世代アイドルの中にも役者へ転向した者は何人もいるが、大衆に演技力を認められ今も活発に活動する者は多くない。特にガールズグループ出身の中では、S.E.S.のユジン、FIN.K.Lのソン・ユリとイ・ジン、Baby V.O.Xのユン・ウネ、CHAKRAのチョン・リョウオン、JEWELRYのパク・ジョンアなどが着実に女優として活動しているだけだ。

一方カン・ジヨンとソヒはグループ活動中、演技に挑戦した経験がある。カン・ジヨンは日本のテレビ東京で放映されたドラマ『恋するメゾン。〜Rainbow Rose〜』でヒロイン ハン・ユリ役で演技力を披露し、ソヒは映画『お熱いのがお好き』、KBS2『ドラマスペシャル-HAPPY!ローズデー』などで俳優としての可能性を見せたことがある。

-Copyrights(C) Nocutnews & Jpictures Syndicate-