「本当に歌手がやりたそうですね」

イ・ホンギと末っ子ラインがハン・ソンホ代表の部屋を急襲した。

tvNバラエティ番組「清潭洞(チョンダムドン)111」で、イ・ホンギがハン・ソンホ代表の部屋を訪れる姿が描かれた。

代表の部屋に入っても彼の姿は見えず、誰も出入りしないという部屋の前に靴がぽつんと置かれていた。これに対しイ・ホンギは「この部屋にはあらゆる噂が飛び交っている」として気になる姿を見せた。

この時、部屋が開かれるとすぐに彼は待っていたかのように代表の秘密の部屋を急襲し、そばにいた末っ子仲間も共に行ってしまった。彼の部屋には、自身のデビュー当時の写真とアルバムが並んでおり、代表は気まずいのか人々を追い出し始めた。しかしイ・ホンギだけが唯一残ってクローゼットにこっそりと隠れると、イ・ホンギがいないことに気づいたハン・ソンホ代表は、いちはやく彼を捜し出して外に出そうとした。だがイ・ホンギは彼の秘密の部屋のソファに座り、彼の手を握って「本当に歌手がやりたそうですね」と残念がった。

-Copyrights(C) Nocutnews & Jpictures Syndicate-