本田仁美(19)がスタッフたちにプレゼントを渡し、「IZ*ONE」としての活動を終えたと伝えられた。

 韓国メディアは29日、本田仁美が「IZ*ONE」の活動終了に合わせ、2年半、苦楽を共にしたスタッフたちに手紙とプレゼントで感謝の意を表したと報じた。

 本田は心のこもった手紙とスタッフの名前が書かれた箸のセットをプレゼント。スタッフたちはSNSを通して、彼女のプレゼントを紹介している。本田の優れた韓国語力にも視線が集中した。

 この日、「IZ*ONE」の日本人メンバー、宮脇咲良(23)、矢吹奈子(19)、本田が仁川国際空港から日本に帰国した。本田は見送りに集まったファンと取材陣を前に涙も見せた。

 一方、2018年に放送されたMnetのオーディション番組「PRODUCE 48」で選ばれた「IZ*ONE」は世界の音楽ファンに愛され、去る29日、2年半の活動期間を終えた。