米国ロサンゼルス(LA)中心部に「SM ENTERTAINMENT SQUARE」ができる。

 LA市議会は去る10月28日(現地時間)LA市内に位置した6番街とオックスフォードアベニュー交差点を「SM ENTERTAINMENT SQUARE」と命名することに決定した。

 これはSMエンタテインメントとイ・スマン総括プロデューサーがK-POPブームをリードし、グローバル音楽市場で輝かしい成果を成し遂げたのはもちろん、LA現地で韓国文化を知らせることに貢献した功労を称えるためのもので、ニューヨーク・タイムズスクエアなど象徴的な意義がある米国の通りの名前に韓国エンターテインメント企業の名前が命名されたのは今回が初めてであるだけに、その意味を加える。

 これに対してパク・キョンジェLA総領事は「新しく指定される『SM ENTERTAINMENT SQUARE』が映画や文化産業の本場であるLAで全世界にK-POPと韓流文化を知らせる韓国エンターテインメント産業の中心地として発展することを祈願し、ニューヨークのタイムズスクエアのようにLAには『SM ENTERTAINMENT SQUARE』が世界の若者たちが集まる空間として位置づけられることを期待している」と伝えた。

 またLA市議会のHerb Wesson議員は「SMエンタテインメントとイ・スマン総括プロデューサーがK-POPを世界の舞台へ導き、歌謡界に起こした革新的な貢献に敬意を表する」と伝えた。

 一方、「SM ENTERTAINMENT SQUARE」にはSMの複合エンターテインメント空間「SMT LA」もオープンする予定で、現地で韓国文化やライフスタイルを知らせるのに貢献するものと期待を集めている。