「E・LANDのイメージに最適なモデルと判断し、契約を結んだ」

イ・ビョンホンがE・LANDグループを代表するモデルに抜擢された。

E・LANDグループは「アジアを越えてハリウッドでも独特の演技力で確固たる地位を築いているイ・ビョンホンは限界を知らない成長を繰り返し、グローバル企業として進出しているE・LANDのイメージに最適なモデルと判断し、契約を結んだ」と明かした。

中国市場を席巻し、韓国を代表するグローバル企業に成長したE・LANDはイ・ビョンホンをモデルとして前面に押し出し、韓国を代表する企業とスターの協力を通じて本格的な韓流コンテンツ事業に注力する計画だ。

一方、イ・ビョンホンは先日イ・ミンジョンと結婚し、京畿道(キョンギド)広州(クァンジュ)で新婚暮らしをスタートさせた。イ・ビョンホンは次回作に決まった「侠女:刀の記憶」(監督パン・フンシク)の撮影に入る。予定クランクイン日は9月初旬だ。

-Copyrights(C) Nocutnews & Jpictures Syndicate-