「肯定的に考えているだけで、出演を確定した段階ではない」

女優ハン・ガインがキム・スヒョン作家と初めての顔を合わせたことが分かった。

今月1日、キム・スヒョン作家とチョン・ウリョンプロデューサーが11月に放送予定のSBS新週末ドラマ『3度結婚する女』の台本読み合わせが話題を集めた。

出演を確定したオム・ジウオンとソ・ヨンヒをはじめ、最終調整段階にあるチョン・ジョンミョンとソン・チャンウィなどがこの日、現場に参加した。出演を肯定的に検討しているハン・ガインも台本読み合わせに参加した。

SBSのある関係者は今月1日、イーデイリースターinに「まだ俳優側と製作スタッフ側のどちらも肯定的に考えているだけで、出演を確定した段階ではない。しかしお互いに顔を見て話も交わしてみて現場の雰囲気も感じれば役に立つと思い、台本読み合わせに(ハン・ガインが)参加することになった」と話した。

ハン・ガインの所属事務所関係者も「まだ慎重な段階だが、台本読み合わせに参加することになった」と話した。

-Copyrights(C) Nocutnews & Jpictures Syndicate-