キム・ウンスク作家とタッグを組んで再び財閥2世役に挑戦

イ・ミンホ:韓流スター・韓流ドラマなどの韓流情報なら韓流エンターテイメント!

俳優イ・ミンホが再び“『花男』神話”に挑戦する。

イ・ミンホは10月放送予定のSBSドラマ『王冠をかぶろうとする者、その重さに耐えろ-相続者たち』で大韓民国1%に該当する財閥会長の息子キム・タン役を担った。

イ・ミンホが演じる財閥2世役は2009年のドラマ『花より男子 〜Boys Over Flowers〜』(以下『花男』)以降2度目だ。当時イ・ミンホは全てを兼ね備えた財閥2世役で人気を呼んで、一大ブームを起こしたことがある。ここに“ヒットメーカー”であるキム・ウンスク作家とタッグを組んで再び財閥2世役に挑戦するという点で、すでに高い関心が寄せられている。

イ・ミンホは財閥役になりきるため、現在からだ作りを行っている。特にウィンドサーフィン、ゴルフなど様々なレジャースポーツを習っており、流暢な英語の実力を誇るという設定により英語のレッスンも着実に受けている。

最近イ・ミンホはme2dayを通じてウィンドサーフィンをする写真を公開し、ファンたちの好奇心を買った。イ・ミンホのある側近は先月30日、「一日も欠かさずにウェイトトレーニングをしている。ウィンドサーフィンは場所の制約が多く、普段はバランス感覚を育てることに集中している。英語の勉強は今まで着実に行ってきたことなので難なく消化できる」と説明した。

-Copyrights(C) Nocutnews & Jpictures Syndicate-