「今回の選定は俳優にとっても映画祭にとっても光栄な結果」

俳優イ・ビョンホン、チョン・ジヒョンが第17回富川(プチョン)国際ファンタスティック映画祭(PiFan)のレッドカーペットを歩く。

PiFan側は「イ・ビョンホンとチョン・ジヒョンがPiFanプロデューサーズ・チョイスに選ばれた」と発表した。

プロデューサーズ・チョイスは韓国映画製作現場の現役プロデューサーが最高の男女俳優に贈る賞という点からその意味は特別なものだ。昨年は俳優ハ・ジョンウとハ・ジウオンが受賞したのに続き、今年はイ・ビョンホンとチョン・ジヒョンが選ばれ、伝統を引き継いだ。

PiFanの関係者は「イ・ビョンホンとチョン・ジヒョンは演技力と興行的なパワーで映画ファンから長きにわたり愛されてきた俳優だ。今回の選定は俳優にとっても映画祭にとっても光栄な結果と考える」と述べた。

今年のプロデューサーズ・チョイスの受賞者であるイ・ビョンホンとチョン・ジヒョンは、18日、午後6時に富川体育館で開かれるPiFan開幕式に出席、レッドカーペットに立つ。2人は映画ファンに挨拶と受賞の感想を伝える予定だ。

PiFanは18日から28日までの11日間、富川市一帯で行われる。

-Copyrights(C) Nocutnews & Jpictures Syndicate-