韓国で7月3日に初放送

グループCNBLUEのメンバー兼俳優のイ・ジョンシンが同時間帯に放送される競争作SBS「君の声が聞こえる」を意識していると明らかにした。

ソウル汝矣島(ヨイド)63ビルコンベンションセンターでKBS2新水木ドラマ「刀と花」の制作発表会が開かれた。この日主演俳優チェ・ミンス、オム・テウン、キム・オクビン、オン・ジュワン、イ・ジョンシンらが参加した。

この日イ・ジョンシンは「『刀と花』が『君の声が聞こえる』と同時間帯に放送されるが、イ・ボヨン先輩と連絡をして過ごしている。通りすがりに会ったこともある」と話し始めた。引き続いて「先輩に7月3日から放送を始めるから手加減してくれと言って頼んだ」と笑いながら言った。

イ・ボヨンは先立って3月に放送終了したKBS週末ドラマ「いとしのソヨン」でイ・ジョンシンの兄嫁役として出演したし、実際にイ・ジョンシンはイ・ボヨンが理想のタイプだと明らかにした事がある。

イ・ジョンシンは今回のドラマでヤン・リュワンの秘密組織金貨団に所属したシウ役を引き受けた。自信感と堂々さ、可愛さに冷たさまで取り揃えたイケメン武士ムヨンを片思いする。

「刀と花」は元首の間である先代の行き違った運命の中でも恋に落ちる恋人の話を盛り込んだ恋愛ドラマだ。ヤン・リュワン(キム・ヨンチョル)とヨンゲソムン(チェ・ミンス)が政治的に対立する中に彼らの娘と庶子であるムヨン(キム・オクビン)とヨンチュン(オム・テウン)が恋に落ちながら悲劇的な運命の渦に包まれる。

韓国で7月3日に初放送される。

-Copyrights(C) Nocutnews & Jpictures Syndicate-