リュ・スンリョンは「俺が直接行く」という意味深なコピーと共に荒い男性美を発散

映画「標的」が俳優リュ・スンリョンとイ・ジヌクのカリスマが感じられるキャラクターポスターを公開した。

公開された「標的」ポスターはリュ・スンリョンとイ・ジヌクの演技呼吸に期待感を加えて、ドラマに対する好奇心を増幅させる。先に傷だらけの顔に強烈なカリスマを発散するヨフン役のリュ・スンリョンの姿で断固としていることと強靭さを感じることができる。リュ・スンリョンは「俺が直接行く」という意味深なコピーと共に荒い男性美を発散し、彼が見せてくれる新しい姿に対する期待感を高める。

作品ごとに多様な役を通じて存在感を発揮したリュ・スンリョンは演技に対する変わらない情熱でアクション演技に挑戦し、もう一度観客たちに楽しさをプレゼントするだろう。

危険にはまった妻を救わなければならない切実さが溢れるテジュン役のイ・ジヌクも見る人々の視線を捕らえる。「妻を助けるためにはあなたが必要だ」というコピーとともに切迫した目つきのイ・ジヌクは既存のソフトなイメージと共に大事な人を守るためのテジュンの孤軍奮闘を訴える力があるように描き出す予定だ。

一方、「標的」は疑問の殺人事件に巻き込まれた男ヨフン(リュ・スンリョン)と妻を助けるために彼と危険な同行をするようになった医者のテジュン(イ・ジヌク)、彼らを追う2人の刑事が広げる36時間の息詰まる追い討ちを描いた作品だ。

-Copyrights(C) Nocutnews & Jpictures Syndicate-