去年オリーブの料理プログラム「ソン・ホヨンのアジアンクック」以後、約1年ぶり

歌手ソン・ホヨンが1年の活動休止のあげく活動を再開する。

ある放送関係者によればソン・ホヨンはケーブルチャンネルオリーブの新プログラム「シェアハウス」に合流し、活動を再開した。去年オリーブの料理プログラム「ソン・ホヨンのアジアンクック」以後、約1年ぶりだ。

初収録は京畿道(キョンギド)楊平(ヤンピョン)にあるペンションで進行され、ソン・ホヨンを含めてモデルのキム・ウオンジュン、ソン・ヘナ、元アナウンサーのチェヒ、俳優のチェ・ソンジュン、チョン・イスル、ガールズグループDal★Shabetのウヒ、ファッションデザイナーのキム・ジェウン、シューズデザイナーのファン・ヨンロン、グループルーラのイ・サンミンなど総10人の出演者たちが参加した。

「シェアハウス」は10人の有名人が一家に集まって住みながら繰り広げられる話を観察するリアリティープログラムで、10人のゲストたちが約3ヶ月の間一緒に居住する。

-Copyrights(C) Nocutnews & Jpictures Syndicate-