ミュージカルスターとしての活躍を披露する予定

俳優オ・ジョンヒョクがミュージカル「共同警備区域 JSA」にキャスティングされ、合流を決めた。

オ・ジョンヒョクは27日から4月27日まで大学路(テハンノ)ドンスンアートセンタードンスンホールで公演されるミュージカル「共同警備区域 JSA」に主人公「キム・スヒョク上兵」役としてキャスティングされて合流する。

オ・ジョンヒョクが引き受けた「キム・スヒョク上兵」は非武装地帯で捜索中に放置されて地雷を踏んだ後、北朝鮮兵士らに助けを借りて、その縁に彼らとかけがえのない友情を成す韓国兵士だ。好奇心多くて豪快な性格を持ったが、南北分断の歴史的悲劇とキム・スヒョク自身の個人的な悲劇を深みのあるように表現しなければならない役だ。

2013年に海兵隊を除隊した後、ミュージカル「その日たち」「スリル・ミー」「ウェディングシンガー」などに出演して引き続いた「興行ブーム」を引き続いているオ・ジョンヒョクはミュージカル「共同警備区域 JSA」への出演を通じてもう一度「流行」ミュージカルスターとしての活躍を披露する予定だ。

-Copyrights(C) Nocutnews & Jpictures Syndicate-