「“ファンたちとの息”を最も念頭に置いた点」

アイドルグループB.A.Pが3月に開かれるソウル公演で、40メートル大の巨大な宇宙船形のステージを作り上げる。

3月8、9日に開かれる「B.A.P LIVE ON EARTH SEOUL 2014」を開催するB.A.Pは、“マト惑星”から地球を訪れた宇宙船を連想させる舞台構成で、大規模なだけでなく全体的なディティールにまでこだわった新たなステージを披露する予定だ。

先立って公開されたポスターの「SEOUL ATTACK!」というキャッチフレーズと調和したステージは、B.A.P特有のカリスマ溢れる威厳さと荘厳さを同時に表現すると見られる。

このようなスケールは、B.A.P特有の誇りでもあった。デビュー時から高さ18m、重さ700kgに達する超大型宇宙船が登場するかと思えば、高さ7mのマトキロボットで“超大作”ミュージックビデオも誕生させた。

昨年発表した「ONE SHOT」は、格納庫と豪華ボート、タンクまで登場して見る人々の視線を釘づけにさせた。これに終わらず、4万人の観客を動員して大成功させた初めての日本ツアー「WARRIOR Begins」では、いわゆる“宇宙戦士セット”と命名された独特な構成のステージをリリースした。

今回のソウル公演を控え、ソウル地域の電光掲示板を通じて大々的にプロモーションを広げている。所属事務所TSエンターテインメントは「今回の公演の最も大きな特徴は“ファンたちとの息”を最も念頭に置いた点」としながら「花道に囲まれ、まるで取り囲まれたような形をしているスタンディングAブロック“EARTH ZONE”は、今までのチケット販売で最も激しい競争率を誇った。それだけではなく、その間“音楽でコミュニケーションを取るグループ”になると明らかにしてきたB.A.Pは、公演を訪れる全ての観客に、どこでもB.A.Pメンバーの躍動感あふれるステージを楽しんでコミュニケーションが取れるよう、多彩なステージ活用と動線を披露する計画だ」と説明した。

現在B.A.Pはタイトル曲「1004(Angel)」でKBS「ミュージックバンク」、SBS「人気歌謡」などで1位を占めて人気を集めている。

-Copyrights(C) Nocutnews & Jpictures Syndicate-