ドラマ「純金の地」制作発表会が行われた

2月4日、ソウル永登浦(ヨンドゥンポ)区、汝矣島(ヨイド)洞63コンベンションでKBS 2TV朝の連続ドラマTV小説第5シリーズ「純金の地」記者会見が開かれた。

TV小説「純金の地」は土地だけでなく家族まで分断した6・25韓国動乱(朝鮮戦争)の傷痕が残った1950〜1970年代の京畿(キョンギ)道、漣川(ヨンチョン)一帯を背景に、荒れた土地を高麗人参畑に変貌させ、村を生かし、愛で人を癒した女性、チョン・スングムの人生史を描く。

カン・イェソル、カン・ウンタク、ペク・スンヒ、イ・ビョンフンらが制作発表会に参加し、各子役たちと一緒にフオトタイムに応じるなど明るい撮影現場を誇示した。

「純金の地」は男女のロマンスのみを描いた作品ではない。分断と離散家族、戦争とその中の人生、傷を踏んでつながる希望をドラマの中にとかし出す予定だ。これと関連してコ・ヨンタクKBSドラマ製作局長は「女性を主人公にした時代物であると同時に成長ドラマだ。難しい逆境を勝って行く女性の成功ストーリーを主にモチーフにしている。戦争を通じて悲しみと家族間の愛を描いて行く予定だ」と説明した。引き続いて「泥沼コードが全くない無公害の温かい家族ドラマという点を注目してほしい」と頼んだ。

ドラマの主役4人組の抜擢と関連してシン・ヒョンスPDは「すべての俳優たちを含んだオーディションが進行されたし、カメラテストを通じて照明監督、カメラ監督、作家と補助作家皆が意見を集めてキャスティングした。オーディションで一番上手く演じた俳優たちを選んだ」と言及した。フオトタイムではイ・ビョンフン、カン・イェソル、ペク・スンヒ、カン・ウンタク、チョン・ジェミン、パク・ハヨン、アン・ウンジョン、オム・ドヒョン、シン・ヒョンスPDが写真撮影に応じた。

-Copyrights(C) Nocutnews & Jpictures Syndicate-