「厳しい寒さに苦労するスタッフに少しでも役に立てればと思う気持ちで準備した」

ヒョンビンが太っ腹な一面を見せた。

ヒョンビンは昨年の年末に映画「逆鱗」(監督イ・ジェギュ)のスタッフおよび俳優に「K2」の広告撮影時に着用したダウンジャケット約100着をプレゼントした。

昨年9月にクランクインし、仕上げの段階の撮影中である「逆鱗」は野外ロケでの撮影が多かった。今回のダウンジャケットのプレゼントはソウルから潭陽(タミャン)、全州(チョンジュ)、光州(クァンジュ)まで全国各地を行き来し、厳しい寒さの中で撮影で苦労しているスタッフのために俳優ヒョンビンが特別に準備したものだ。

ヒョンビンは「野外で夜の撮影が多く、肉体的に非常に厳しい状況にもかかわらず、俳優やスタッフの雰囲気がとても良い。厳しい寒さに苦労するスタッフに少しでも役に立てればと思う気持ちで準備した」と伝えた。

一方、「逆鱗」は老論と少論に分かれ政治的に混乱した朝鮮時代を扱った作品で、ヒョンビンは若い政調役を演じ、強くカリスマあふれるキャラクターを演じる。韓国で5月に公開する予定だ。

-Copyrights(C) Nocutnews & Jpictures Syndicate-