「『化粧』はなぜか雨が降る香港の夜道を連想させる。流れるな〜涙〜」

1月のボタン雪とよく似合うジェジュンの新曲「Heaven」が公開された。

おりしもソウルにはジェジュンの新曲発表を祝うように、大粒の白い雪が舞い降りた。まるで平和で美しい白い天国を連想させる風景が演出された。

所属事務所は「ジェジュンの1stソロアルバムのリパッケージアルバム『WWW:化粧を落とす』が今月20日正午に発表され、熱い反応を得ている。「Heaven」は今回のリパッケージアルバムのタイトル曲で、ジェジュンの甘美な声とGummy(コミ)の切ない声が引き立って見える曲で、今年の冬に似合う感性的なバラードが誕生した。ちょうど首都圏にボタン雪が降り、曲の叙情的な雰囲気を一層高めた」と伝えた。

ジェジュンのリパッケージアルバムには、もう1曲新曲がある。それは中島みゆきのリメイク曲である「化粧」だ。別れの傷を抱えながら化粧をする女心を歌ったこの曲を、ジェジュンはシンプルながらも胸に響く編曲を企画して、原曲が持つ切なさを見事に表現した。

キム・ジュンスは自身のSNSを通じて「『化粧』はなぜか雨が降る香港の夜道を連想させる。流れるな〜涙〜」とコメントして音源を応援した。

ジェジュンの甘美な声で完成したリパッケージアルバムに対し、ファンたちの反応は熱い。「さすがジェジュン。宝の声だ!冬のバラードで大ヒットの予感!」「Gummyとジェジュンのハーモニーは本当に立派だ!胸が暖かくなるバラード!」「『Heaven』も『化粧』も歌詞が本当に美しい。一編の詩を読むようだ!」などの熱い反応を見せた。

-Copyrights(C) Nocutnews & Jpictures Syndicate-