土用丑の日に鶏を食べてパワーアップ

俳優チョン・イルがMBC『夜警日誌』の撮影で忙しい最中でも、からだの保身を忘れない姿を見せた。

チョン・イルは自身のツイッターを通じて「中伏(韓国版の土用丑の日)には鶏の水炊き(タッペッスッ)とアヒル肉の燻製を〜。寧越(ヨンウオル)で精力を付けています」という短いコメントと共に1枚の写真を掲載した。

公開された写真には箸で鶏肉を持って、口を開けたままカメラを見つめているチョン・イルの姿が見える。特に彼は黒い帽子とTシャツで、シンプルなファッションでも温かな魅力を誇って見る人々の視線をひきつける。

一方チョン・イルは朝鮮時代を背景に、幽霊を捕まえる夜警屋の話を扱ったファンタジーロマンス物のMBC新月火ドラマ『夜警日誌』の主人公イ・リン役を演じている。

-Copyrights(C) Nocutnews & Jpictures Syndicate-