「アジアのプリンス」の威厳を誇った

「アジアのプリンス」チャン・グンソクが大陸を掌握した。

俳優チャン・グンソクは中国版TwitterであるWeiboで累積1,000万人という驚くべきフオロワー数を記録して名実共に「アジアのプリンス」の威厳を誇った。

チャン・グンソクWeiboは2011年8月初めにスタートしてから約3ヶ月単位で100万人のフオロワーが増加するLTE級の勢いを見せて来た。韓国の俳優としては最多フオロワー数を保有しただけ冷めることのない中国内の爆発的な人気を感じさせている。特に2009年に放映されたチャン・グンソク主演のSBSドラマ「美男<イケメン>ですね」が中国の国営放送CCTVで人気裏に放映されてもう一度「テギョン病」ブームがおこっていてチャン・グンソクの独歩的な影響力を立証している。

韓国はもちろん日本、中国、台湾などで話題になった「美男<イケメン>ですね」は日本と台湾でリメークされたのに相次いで中国での放映が決まりながら現地ファンからの熱い反応と声援を得ているという裏話だ。また、チャン・グンソクは中国最高芸能娯楽プログラム湖南衛星TV「快楽台本営-チャン・グンソク特集」で全国同時間帯視聴率1位を記録することは勿論、中国のトップスターたちだけが出演する送年特集コンサートにも唯一招待を受けた韓国の芸能人で話題を集めた。

一方、大陸を掌握して韓流ブームの役目をたっぷりこなしているチャン・グンソクの今後の歩みに注目されている。

-Copyrights(C) Nocutnews & Jpictures Syndicate-