韓国ガールズグループ「AOA」の元メンバーで女優のクォン・ミナ(27)が恋人と別れ、二股騒動を謝罪した中、インスタライブで改めてそれらを言及した。

 クォン・ミナは5日、Instagramのライブ配信を通して、「私がきょう話したかったことは、良くない男女間での事件、被害者に心から謝罪したかった点、もちろんその男の言葉がすべてうそだったとしても私は『愛嬌(あいきょう)で誘惑する、あざとい女』であったことを認める」とし、「元彼女に被害が及んだ点、そして彼女以外の知人や家族の方々に深く謝罪したい」と述べた。

 自身が今回の事件の加害者だったと認めたクォン・ミナは今回のライブ配信を最後に「SNSをしばらくしない」との意志を示した。また彼女は、既に別れたという恋人を言及し、自身も「被害に遭っている。もし彼がうそをつかなければ、私がすべての真実を知っていれば、そんな男には会っていなかった」と説明。

 そして、「とにかく、責任を取るべき部分だ。謝罪したい気持ちが本心だ。これからはこうしたことを絶対にしないよう責任感を持って、自由奔放すぎて、良く言って正直に行動してしまうことに気をつけるため、DMやコメントに返答するのは止めたい」と伝えた。

 ライブ配信を前に彼女は、長文を投稿して謝罪する立場を明かしていた。

 文章でクォン・ミナは「私は明白な加害者であり、判断が遅れ幼稚な行動をした。過ちを認め、元彼女だった被害者の方に心から謝罪したい」と打ち明けた。