世界的な人気を誇るアイドルグループ「BTS(防弾少年団)」のリーダーRM(26)が、TOEIC(990点満点)で「915点」の高得点を記録したことを明かした。

 RMは19日、V LIVEを通して昨年「趣味で勉強している」と話していたTOEICに関してファンから質問を受けると「915点だった」と結果を公開。

 RMは「リスニングはほぼ満点だったが、リーディング(読解)で失敗した」と試験を振り返った。

 「昨年(2020年)夏に試験を受けた」と話したRMは「リスニングはよくできたけど、僕はリーディングに弱いようだ」と自己分析。また「僕は英語の記事を読む際、頭が真っ白になり、翻訳機にかけてしまう。それで、リーディングに弱くなってしまったようだ」と明かした。

 これを前にRMは昨年7月、SNSを通して「TOEICを10年ぶりに趣味で」とし、試験の問題集を写真で投稿していた。RMはグループの休息期間にTOEICを受けるため勉強に励んでいた。

 RMは、英語に堪能なことで有名だ。中学生のときに受験したTOEICで850点を記録、また高校の模擬試験では上位1.3%に入ったことも明かされている。