韓国アイドルグループ「EXO」のメンバーD.O.(本名:ト・ギョンス)のファンクラブ「D.O.ギョンスダウム」が患者たちのために寄付したことがわかった。

 「D.O.ギョンスダウム」は12日午後「昨年に続き、ことしもD.O.君の29回目(数え年)の誕生日を迎え、(財)韓国小児がん財団に小児がん白血病の子どもたちのための愛の寄付金1700万ウォン(約160万円)を後援した」と明らかにした。

 「D.O.ギョンスダウム」は「一般人には健康な生活が日常である反面、小児がんを患っている子どもたちが自力で元気に過ごせないことに心が痛い」とし、「D.O.君が18か月軍服務を立派に終えて元気に戻ってきたように、大変な病魔と戦っている子どもたちも希望を持って元気を出して回復することを切に願う」と感想を伝えた。

 続けて、韓国小児がん財団は「闘病中の子どもたちのため、いつも支えてくださるEXOのD.O.(ト・ギョンス)君とファンクラブ『D.O.ギョンスダウム』会員の皆様に感謝する。地道な善行は小児がん白血病の子どもたちに伝えられ、闘病生活に大きな力と勇気になるでしょう」と感謝を伝えた。

 特に、D.O.のファンクラブはこの日、愛の寄付金の他にも、寄付をはじめ様々な善行を続けており、スターと共にする善良な影響力で注目を集めている。2020年の1年間、小児がん白血病の子どもたちのための寄付と共に、新生児助け合いキャンペーンの帽子作り、新型コロナウイルスを克服するための寄付、小児がん財団への定期寄付など、多様で意味のある持続的な分かち合い活動を続けている。