韓国俳優チョン・スンビン(34)側が元妻で女優ホン・イニョン(35)との離婚時期に関する物議を受け、「まったく関係ない」との立場を明かした。

 チョン・スンビンの所属事務所は13日、OSENの取材に「チョン・スンビンとホン・イニョンは2019年から別居し、昨年4月に離婚した」と伝えた。続けて「2019年から別居しながら離婚訴訟をし、合意する過程だった。合意離婚で決着し、シム・ウンジン(39)との交際時期とはまったく関係ない」と述べた。また、「シム・ウンジンとチョン・スンビンは堂々と婚姻届を提出したことをお伝えしたい」と付け加えた。

 俳優チョン・スンビンとガールズグループ「Baby V.O.X」出身のシム・ウンジンは12日、SNSを通して結婚したことを発表した。2人はドラマ「悪い愛(Bad Love)」で出会い、恋人関係へと発展した。

 シム・ウンジンは「2021年1月12日付けでチョン・スンビンさんと互いに配偶者となりました。交際1年も満たずに結婚するのはあまりにはやい感覚があるかもしれませんが、そういう心配は少し閉じて、私の経験による、人に対する確信があったと述べるのがいいのかなと思います。時間の長短は私にとって重要な問題でありませんでした。この人と人生を共有し、長くお互いを見つめて生きたいと思う人(と出会うこと)はそんなによくある幸運ではないので、決心した瞬間、むしろ時間をかけて見守ることに何の意味があるのかと考えた」と伝えた。

 しかしその後、元妻ホン・イニョンが自身のSNSに映画「ベテラン」で俳優ユ・アインが「情けないね」と話す場面をキャプチャーし掲載した。すると、彼女の知人が「あなたの痛みの期間と彼らの交際期間が重なっていることに鳥肌」とコメントし、ホン・イニョンも「だから、とても妙に重なるよね。言いたいことはたくさんあるけど言わないでおこう」と応えた。

 これを見たネットユーザーらの間で、離婚訴訟時期と交際時期が重なっているのではとの波紋が広がっていた。