韓国ガールズグループ「少女時代」の元メンバー ジェシカ(31)が初の小説「シャイン」の出版を延期した。

 25日、出版社RH Koreaによるとジェシカの「シャイン」は来る29日に出版予定だったが、出版社の事情により延期が決まったという。

 また、オンライン書店などには「シャイン」がジェシカの自伝的小説であり映画化が確定したなどの内容が広報されているが、これは「誤報」だとわかった。

 RH Korea側は「小説『シャイン』は著者の自伝ではなく、著者の想像力をもとにしたフィクション」とし、「映画化は確定しておらず、現在は協議段階」と説明した。

 小説「シャイン」は、K-POPスターを夢みる韓国系アメリカ人レイチェル・キムが大型企画会社の練習生に選抜され、米国から韓国に渡り、魅力にあふれたトップスター=レイスン・リーに出会いながら気持ちが揺れていく過程を描いた。ステージの上で最も輝く少女が、ステージの裏では隠さなければならなかった人生と愛のストーリーが込められている。