韓国の大手芸能事務所SMエンタテインメントが、アイドルグループ「NCT」のファンの反発により「NCT 2020ユニット投票イベント」を取りやめた。

 SMエンタ側は24日、公式SNSを通して「NCT 2020ライブイベント中に行った『WISH 2020』投票により混乱を招き申し訳ない」と明かした。

 また「『WISH 2020』は今回のアルバムリリースを記念しファンと共に作り上げるユニットコンテンツイベントとして準備したが、ファンの皆さんに指摘された部分を我々も十分に共感し、関連イベントプランを修正し、『NCTに望む活動選択』投票のみ行うことになった」と説明した。

 これを前に「NCT 2020」は去る23日、初めて23人での生放送「WISH 2020」を行い、「NCT 2020」を4部門の活動のうち3部門で各メンバー3人ずつ8組のユニットに分けた後、アルバムを購入したファンを対象に活動ユニット投票を進行。得票数の多いユニットが活動すると予告していた。

 これに、一部ファンらは「NCT 2020」の活動で数人のメンバーは自己制作コンテンツに参加することができない点、ファン分裂の懸念、SNSなどを通したボイコット意志などが相次ぎ、SMエンタ側はこの計画について謝罪した。