ミュージカルの原作者「自分が思っていた死に最も近い圧倒的な演技」

JYJのジュンスがミュージカル「エリザベート」の初回公演を前に高いチケット販売力を見せている。

ジュンスの所属事務所C-JeSエンタテインメントは「ジュンス再演の知らせにチケット戦争は最高に熾烈なものだった。計14回の全席がチケットオープンの度に物凄いスピードで売れて行き、公演製作会社から追加オープンした視野障害席まで全席完売など3万席が完売の状態だ」と明かした。

また「ジュンスは2010年『モーツァルト!』で世宗文化会館の舞台に立ち、2011年『天国の涙』で国立劇場の舞台に立った。今回のミュージカル『エリザベート』で芸術の殿堂の舞台に立つことで、ミュージカルデビュー3年にして3大大劇場公演を全席完売の大記録をたて、自身の価値を証明した」と付け加えた。

昨年初演でミュージカルの原作者に「自分が思っていた死に最も近い圧倒的な演技」という絶賛を受けたジュンスは、「第18回韓国ミュージカル大賞主演男優賞」を受賞するなど実力を認められ、今回の再演でも大きな期待を集めている。

ジュンスは先月25日にプレスコールで「2013年ミュージカル『エリザベート』では新しく表現する進化した『死』を見せたいと出演を決めた。最高の俳優たちと共に舞台に立つということだけで嬉しくてときめく」と述べていた。

ジュンスは14日の初回公演を皮切りに、1ヶ月間ミュージカル「エリザベート」の公演に注力する計画だ。

-Copyrights(C) Nocutnews & Jpictures Syndicate-