路上生活者のための無料給食所「トーマスの家」に贈られた

俳優John-hoonの世界中のファンが温かい善行でスターへの愛を表現した。

John-hoonの所属事務所MERSENNEエンタテインメントは「John-hoonのファンが路上生活者のために米花輪1.12トンを寄付した」と明かした。

John-hoonのファンが寄付した米は先月30日ソウル、東大門(トンデムン)のメガボックスで開かれた総合編成チャンネルJTBCドラマ「彼女の神話」の制作発表会の際に送られたもので、John-hoonとファンからの申し出によってソウル永登浦(ヨンドゥンポ)駅近くの路上生活者のための無料給食所「トーマスの家」に贈られた。

John-hoonのファンは2011年4月のJohn-hoonの除隊ファンミーティングに送ったドリーミー米花輪を救世軍に寄付したのをはじめ、John-hoonが大きな活動を行うたびに米花輪を贈り、大好きなスターを応援すると同時に欠食児童や一人暮らしの老人を救っている。

John-hoonは現在「彼女の神話」にブランドバッグ会社の財閥3世ト・ジヌ役として出演中だ。

-Copyrights(C) Nocutnews & Jpictures Syndicate-