「僕の歌を待っているファンがいる限り、いつまでもファンのために歌を歌うだろう」

JYJジュンスが2ndソロアルバムのアジアツアーの4番目の開催地である釜山(プサン)でコンサートを成功させた。

C-JeSエンタテインメントは「JYJジュンスが7月15日に2ndアルバムを出してから1ヶ月で4都市アジアツアーを成功させた。タイ、バンコクから始まり中国、上海、ソウル、そして昨日の釜山公演まで進化する舞台を見せ、やはり不動の実力だという評価を受けた。完璧な公演はもちろんのこと、各公演で3つの願いを聞き入れるファンサービスまで見せ、JYJジュンスの魅力がぎっしり込められたハイレベルな公演だった。そしてJYJジュンスの2ndソロアルバムツアーの第1幕が終わった」と述べた。

「XIA 2nd Asia Tour in Busan」というタイトルで行われた今回のコンサートは、JYJジュンスの1stアルバムと2ndアルバムの収録曲やOSTで構成された。JYJジュンスは100%オールライブバンドと完璧なライブ「ごめん」「行かないで」「愛は雪花のように」等の胸に響くバラードを披露し、アメリカの最高振付師Jeri Slaughteが率いる振付チームとは、「Turn it up」「Incredible」「Fantasy」など情熱が爆発する完璧なパフオーマンスを披露して熱い反応を得た。

JYJジュンスは「僕がアルバムを出して公演をするのは皆さんがくださる愛に対する恩返しだと考える。歌を歌うのが好きで歌手を始めたが、皆さんがいなければ歌を歌う意味がない。僕の歌を待っているファンがいる限り、いつまでもファンのために歌を歌うだろう」と感謝の気持ちを伝えた。

一方、JYJジュンスは当分ミュージカル俳優として「エリザベート」の舞台に立つ。JYJジュンスのソロ2ndツアーは9月28日オーストラリア、シドニーを始まりに2幕が開始される。

-Copyrights(C) Nocutnews & Jpictures Syndicate-