“準備する役者、信頼できる俳優”というニックネームを得た

俳優イ・ミンホが2013グローバルツアー「My Everything」を最後に終えた。

今年5月、ソウル公演で幕を上げたイ・ミンホのグローバルツアーは今まで日本(横浜、大阪)、マレーシア、フィリピン、台湾、中国(上海、北京)を経て6ヶ国8都市で全9回の公演が行われた。総勢約5万2,000人の観客が集まり、イ・ミンホの熱い人気を証明した。行く先々で数多くのファンとメディアが集まった。

特に、「My Everything」の最終ステージだった北京公演では、国際的なスターらしく韓国、フランス、日本、インドからやってきた5,000人のファンが集まった。入場券が完売して公演会場に入場出来なかったファンたちは、40度に近い気温でも会場周辺を離れられずフィナーレを共にした。全公演が終わった後、イ・ミンホのためのプレゼントとして無伴奏の合唱をしながら涙を流す感動的な場面が演出されたという。

2013年にグローバルツアーの大長征を終えたイ・ミンホは、「まるで真夏の夜の夢のように楽しくて幻想的だった」と感想を明らかにして、「大変なスケジュールだったが、ファンたちとの大切な思い出を通じて、生活の大きなエネルギーをもらった」と感謝の気持ちを表わした。

イ・ミンホは今年6月末から、猛暑が絶頂に達した8月上旬に行われた中盤以降の公演では、殺人的な暑さと戦って大変な苦労をし、いつも行き来する航空便の搭乗と現地スケジュールの調整に忙しい日々を過ごさなければならなかったが、特有の誠実さと勤勉さで長い旅程を成功的に終えたという評価を受けた。イ・ミンホは毎回ファンたちが差し出した手を握る“マナーの良い手”でファンへ愛情を表した。

歌手ではなく、俳優がこのように大規模な海外公演チケットを相次いで完売させ、成功させることは例を見ないことであり、容易ではない挑戦だといえる。俳優の認知度による観客動員の規模も予測しがたい上、2時間以上の公演ステージを埋める様々なレパートリーを作るのは難しいはずだ。

これに対して、イ・ミンホの所属事務所の関係者は「そのような困難を分かっていたため、1年前から着実に計画を立て、完成度の高い公演を作ろうとした。そのため“準備する役者、信頼できる俳優”というニックネームを得た。熱い反応に感謝するばかりだ。公演の成功により、東南アジアはもちろん、南米、ヨーロッパ、アメリカなどからアンコールの要請が来ている」と伝え、10月に放送されるドラマ『王冠を被ろうとする者、その重さに耐えろ-相続者たち』(以下『相続者たち』)について「公演をしながら作品に対する準備も着実に行ってきた。台本の読み合わせやポスター撮影など、全ての準備が順調に進んでおり、まもなく撮影を開始する」と述べた。

北京公演を終え今月11日に帰国したイ・ミンホは、休む間もなく翌日にはCM撮影のためにニュージランドへ向かい、帰国してからはすぐに次回作であるSBSドラマ『相続者たち』の撮影に取り掛かることになる。

-Copyrights(C) Nocutnews & Jpictures Syndicate-