「今後も素晴しい演技をできるように全面的にサポートするつもりだ」

女優のカン・ヘジョンがC-JeSエンタテインメントと専属契約を結んだ。

C-JeSエンタテインメントは「映画『オールド・ボーイ』や『トンマッコルへようこそ』等で演技派女優として愛されている女優のカン・ヘジョンと専属契約を結んだ」と発表した。C-JeSは「映画界を代表する女優であるだけに、今後も素晴しい演技をできるように全面的にサポートするつもりだ」と述べた。

カン・ヘジョンは1998年にドラマ「ウンシリ」で注目され、その後、映画「オールド・ボーイ」「トンマッコルへよううこそ」「恋愛の目的」等多数の作品に出演した。2001年に映画デビュー作「ナビ〜蝶〜」で「第5回富川(プチョン)国際ファンタスティック映画祭」で主演女優賞に輝いたカン・ヘジョンは、「第24回青龍映画賞」助演女優賞、「第43回大鐘賞映画祭」助演女優賞、「第4回大韓民国映画大賞」助演女優賞、「第26回青龍映画賞」助演女優賞など多数の受賞経歴がある。

一方、C-JeSエンタテインメントにはソル・ギョング、イ・ジョンジェ、パク・ソンウン、ソン・ジヒョ、JYJ(ジェジュン、ユチョン、ジュンス)、パク・ユファらが所属している。

-Copyrights(C) Nocutnews & Jpictures Syndicate-