「Vショーケース生中継の放送を見ていると言う。ありがとう!」

歌手イ・ジョンヒョンが自分なりのゾンビ差別性を明らかにして2AM チョグオンの応援を喜んだ。

イ・ジョンヒョンはソウル麻浦(マポ)区 弘益大(ホンデ)Vホールでスペシャルシングル「V」発売記念ショーケースを開いてマスコミに新曲の舞台を初公開した。この日イ・ジョンヒョンは多数のアイドルがすでに見せてくれたコンセプトであるゾンビ扮装を置いて差別性を説明した。彼女は「もう少しPARKing CHANceらしいリアルなゾンビだと思う」と自信感を現わした。

イ・ジョンヒョンはショーケースの最後に、2AM チョグオンを言及して「チョグオンからメールが来た。Vショーケース生中継の放送を見ていると言う。ありがとう!」と愛嬌の混じった言い方で温かい応援を喜んだ。

イ・ジョンヒョンは「ショーケースにたくさん来てくれて感謝する。生放送見ているファンの方々にも本当に感謝する。『V』で活動を熱心にしてみる。もう一度PARKing CHANceの2人にも感謝する」と意志を押し堅めた。

一方、イ・ジョンヒョンの新曲「V」はイ・ジョンヒョンが直接作詞に参加した曲で、エレクトロニックスイングにホラーを結合した独特のジャンルの曲だ。歌詞には女性が浮気者の男を堂々と満ちたと誇りながらも心の中では連絡を待つ状況を面白く盛った。

-Copyrights(C) Nocutnews & Jpictures Syndicate-