「ハリウッドで新人だという気持ちは変わりないが、前よりは少し余裕ができた」

イ・ビョンホン:韓流スター・韓流ドラマなどの韓流情報なら韓流エンターテイメント!

俳優イ・ビョンホンがハリウッド進出3作目『REDリターンズ』を撮影するため、苛酷にからだを鍛えた苦労談を打ち明けた。

彼は韓国での映画公開を2日前にした今月16日、ソウル市内の某ホテルで行ったインタビューで「毎日鳥のささみか魚を食べ、2時間近く運動した」と話した。

今回の映画で彼は韓国の諜報員出身の最高の暗殺者ハン役を受け持ち、映画に初登場する瞬間から上半身を露出するシーンが出てくる。ブルース・ウィリス、ジョン・マルコビッチ、ヘレン・ミレンなどハリウッドの伝説的な俳優たちと肩を並べ、序盤には彼らを殺しに来た暗殺者として強烈なアクションを披露し、後半には彼らと力を合わせて悪党(アンソニー・ホプキンス)と戦い、コミカルな演技も見せる。

『GIジョー』シリーズではセリフが殆ど無かったことに比較すれば、比重がはるかに大きくなった。

彼は「まだハリウッドで新人だという気持ちは変わりないが、前よりは少し余裕ができた」と自評した。

-Copyrights(C) Nocutnews & Jpictures Syndicate-