手作りブレスレットやお願いを聞いてファンを喜ばせる

ファンのためのアイドルグループBEASTの特級ファンサービスが続いた。

直接作ったブレスレットを届け、電話通話をしながらファンと近くでコミュニケーションを取るために努力した。

BEASTは今月18日午後8時、ポータルサイトLINEを通じて進行された「STARCAST ON AIR-BEASTのカムバックトーク」に参加し、ファンとコミュニケーションする時間を持った。

BEASTは様々なコーナーを進行してファンとコミュニケーションを取った。まずファンが直接送った「BEASTがいて幸せだった瞬間」に対するメッセージを紹介した。BEASTはファンが彼らを好きになった理由などを紹介して感動する姿を見せた。これに対しユン・ドゥジュンは「ファンの存在も私たちに大きな幸運だ」と話した。引き続きイ・ギグァンは「BEAUTY(BEASTのファンクラブ)がいるからBEASTがある。皆さんも僕たちにとって大きな幸運」と付け加えた。

さらにファンと直接電話通話をするなど、ファンたちに特別な時間を届けた。特にBEASTはファンがお願いを直接聞いて質問に答えるなど、楽しい時間を過ごした。最初のファンはユン・ドゥジュンに昔チョ・ソンモの梅ジュースのCMで使われたセリフである「君を噛みたい」と言って欲しいとお願いした。これに対しユン・ドゥジュンはBEASTメンバーと共にCMをパロディして笑いを誘った。特にイ・ギグァンとソン・ドンウンは手の動きまでまねて愛嬌を見せ、ユン・ドゥジュンは恥ずかしがる姿を見せた。

それだけでなく、ファンのための幸運のブレスレットも直接作った。BEASTメンバーは直接玉を通してブレスレット製作に没頭し、抽選を通じてこのブレスレットをファンにプレゼントするイベントを準備した。ファンに贈る手作りプレゼントなだけにメンバーは全員集中しながら、その一方で引き続きトークを継続してコーナーを進行した。ファンは1万6,000件を越えるメッセージを送り、イベントに大きな声援を送った。

ブレスレットが完成したユン・ドゥジュンは「最近体がすごく痛くて、健康が最高だと考えたので、健康を意味する玉をたくさん入れた。皆さんも健康でいて欲しいという意味を込めた」と説明した。ソン・ドンウンもファンの健康を考えたブレスレットを製作した。イ・ギグァンは季節に合うすっきりした雰囲気のブレスレットを完成し、ヤン・ヨソプはメンバーが歓声をあげるほど美しい色彩のブレスレットを作った。メンバーはファンにプレゼントをする前に自らブレスレットを着用するなど、キメ細かい姿を見せた。

BEASTはこの日、カムバックトークショーを直接進行してバラエティセンスを誇った。長時間共に過ごしてきただけにメンバーどうしの息も合い、トークショーが退屈にならないように和気あいあいとした雰囲気を作り出した。互いに冗談を言いながらコーナーを進めた、バラエティ番組に劣らないトークショーを作り出した。

最後にユン・ドゥジュンは今回の新曲で成し遂げたいことに対して「ファンたちとさらに近づきたい。成績も重要で名誉も重要だが、僕たちを愛するファンたちにもっとたくさんお返ししたい」と明らかにし、ファンに対する感謝の挨拶を伝えた。

-Copyrights(C) Nocutnews & Jpictures Syndicate-