ジョン・ヨンファとカン・ミンヒョクの“あらかじめ誕生日パーティー”まで準備

人気バンドCNBLUE(シーエヌブルー)が上海コンサートを盛況裡に終え、中国大陸を熱い雰囲気にした。

CNBLUEは今月15日、上海で開かれた「2014 CNBLUE LIVE Can’t Stop in SHANGHAI」でライブ演奏の真髄を披露し、現地ファンたちをひきつけた。この日のコンサートでCNBLUEは最近発表した自作曲「Can’t Stop」をはじめ、「I’m Sorry」「I’m A Loner」「LOVE」などのヒット曲と「Coffee Shop」「Lady」「Try Again Smile Again」など、ジャンルを行き来する22曲の様々なレパートリーで熱狂的な舞台を整えた。

約7,000人のファンたちで早目に売り切れたこの日のコンサートは、CNBLUEが約9ヶ月ぶりに開く上海での単独コンサートで、現地ファンたちは熱を帯びた歓声で彼らを歓迎した。特に6月22日と28日、それぞれ誕生日を迎えるリーダージョン・ヨンファとカン・ミンヒョクの“あらかじめ誕生日パーティー”まで準備され、コンサート会場はお祝いの雰囲気で熱くなった。コンサート会場のあちこちではファンたちが作った誕生日を祝う垂れ幕が雰囲気を高め、アンコールステージでは誕生日ケーキがサプライズで登場した。

CNBLUEはマンダリン(標準中国語)と上海本土のなまりで挨拶し、現地ファンたちとコミュニケーションを取った。コンサートに先んじた記者会見でジョン・ヨンファは、下半期発表予定の自身の1stソロアルバムに対して、現地メディアの熱い関心を集めた。ジョン・ヨンファは「ソロアルバム準備は約半分程度進行された状態。多くのアーティストたちと交流するアルバムになるだろう」と答えて期待感を高めた。

一方、「2014 CNBLUE LIVE TOUR Can’t Stop」を進めているCNBLUEは、今月21日、釜山(プサン)コンサートを経て7月12,19日に中国・広州と北京、26〜27日に台湾、8月9日にマレーシアを回って熱いツアーを継続する。

-Copyrights(C) Nocutnews & Jpictures Syndicate-