「My dear、たくさん愛してください」

こんにちは。女優パク・シネです。SBS『相続者たち』の放映が終了して、すでに6ヶ月という時間が流れましたね。今までその間、皆さんお元気でしたよね?

私は最近おもしろいことに挑戦しました。また貧困相続者じゃないかって?いいえ。今回は歌手に変身しました。「My dear」(副題:花)という歌を発表しました。作詞にも参加したし、歌も歌いました。シネの「My dear」ミュージックビデオ、どのように撮ったかって?そっとお聞かせしますね。

花が咲く季節、4月のある日でした。「My dear」MV撮影のため、城南市(ソンナムシ)板橋(パンギョ)を訪問しました。開始からグッドな予感。春が私の歌を分かっているみたい。あちこちで桜が満開でした。MV撮影現場から見てみますか?「My dear」のMVのために洋服屋を花屋にリモデリングしました。私がお花屋さんのお嬢さんとして登場するかって?NO。花屋の秘密は、少し後でお知らせしますね〜!花屋の前には、黄色いコーヒー販売カーが待機中です。私が主に演じる場所なんです。お気づきですか?私の役は、歌手を夢見るコーヒーカーでバイトする学生です。毎日オーディションに落ちるけど、希望を失わずに挑戦する少女なんです。

ここで新曲の秘密をお知らせします。実は、既にあった歌をリメイクしようとしました。ところが、私が直接作って歌ってこそ意味があるという気がしました。ファンの皆さんも喜んでくれると思いましたし。それで自分から新曲のアイディアを出しました。

作曲は私の実の兄が引き受けました。私は作詞に参加しました。ガイドメロディーを聴いてすぐにビビビっときました。恋に落ちた少女のときめきを伝えるために努力しました。目が合えば氷のように固まってしまう表現、本当にドキドキしませんか?

フィーチャリングはBEASTのヨン・ジュンヒョン兄さんが引き受けてくれました。ジュンヒョン兄さんのコシが強いラップが入ったらどうだろうかと考えましたよ。幸いすぐにOKと言って下さりありがとうございました。おかげで曲が一層豊かになったようです。

歌には挿入されていないけど、現場では私が直接ギターも弾きました。思い出しますか?2012年のファンミーティングで私がギターを演奏しながら歌ったじゃないですか。あの時本当に頑張って練習しました…あの経験を思い出して。音楽だけでなく衣装にも気を遣いました。初々しい曲の雰囲気を生かすため、スタイリストのお姉さんと話し合いを重ねました。白いブラウス、アイレットワンピース、シンプルな靴などを準備しました。曲とマッチしています?

シネが準備した「My dear」撮影現場のストーリーはここまでです。歌手シネもたくさんかわいがってください。次は映画『尚衣院』を通じて再び女優としてお会いしますね。熱心に撮影中なので、たくさんの期待をお願いします。

「My dear、たくさん愛してください」

-Copyrights(C) Nocutnews & Jpictures Syndicate-