2人の俳優が期待以上に見せた相乗効果

初放送された『シークレット・ラブ』がスンヨンとヨン・ウジンの時を超えた愛を描き出し、暖かな映像で視線を引き付けた。

しかし主人公カップルの時間を行き来する運命的な愛の物語を時間内にぎっしり詰めてみたら、まるでKARAスンヨンのミュージックビデオを見るような印象も与えた。

今月13日に放送されたドラマ専門チャンネルドラマキューブ『シークレット・ラブ』の初回、スンヨン&ヨン・ウジン編「会いたいです」では、モデル ミン・ジヘ(スンヨン)とフオトグラファーチャン・ヒョンジン(ヨン・ウジン)の運命的な愛の物語が描かれた。

ジヘは自身を助けるために死んだヒョンジンを生き返らせるために、7年前に戻って彼との縁を切ろうとした。しかし未来のジヘを知らなかったヒョンジンも彼が愛した恋人に運命のように連れられ、彼らは再び愛し合う切ない恋人の姿を見せた。さらに永遠の愛のためにヒョンジンが7年後のジヘに会いに行くと約束し、限りない愛の儚さと感動を伝えた。

しかしファンタジージャンルではより一層ち密に扱うべきだったディテールが多少不足したという評価を得ている。突然現れたタイムトラベラーの助けで7年後2人が偶然再会し、むやみに抱き合って再び恋を始めるという無理やりな設定などは、ヨン・ウジン、スンヨンという2人の俳優が期待以上に見せた相乗効果でカバーされた。

さらに主人公スンヨンの悲しみ、ときめき、愛嬌、号泣シーンなど様々な表情を集中的に表わすための手段として使われたエピソードの羅列は、話が省略された隙間を『その冬、風が吹く』で有名なキム・ギュテ監督の暖かくて淡い映像美を思い起こさせ、2人の魅力だけがクローズアップされて1時間のミュージックビデオを見るような印象を与えた。

一方『シークレット ラブ』は合計5つのエピソードで構成されたオムニバス式ロマンチックシネドラマだ。ギュリ、ニコル、スンヨン、ハラ、ジヨンのメンバー5人が、それぞれラブストーリーの主人公として登場する。

-Copyrights(C) Nocutnews & Jpictures Syndicate-