親友が語るメンバーの素顔とは?

人気グループBEASTと親友6人の祭りがMBCエブリワン「SHOWTIME Burning the BEAST」(以下「SHOWTIME」)の親友特集を通じて繰り広げられた。

才能あふれる友人の饗宴とBEASTメンバーの孤軍奮闘が続いて視聴者をひきつけた。

BEASTの親友特集を組んだ「SHOWTIME」第7回「ウッチンソ」(=韓国語で「面白い友達を紹介します」の略語)では、BEASTメンバー6人と親友6人が出演して活力を吹き込んだ。

「ウッチンソ」特集は製作スタッフが伝えたミッションカードから始まった。「BEASTが『SHOWTIME』で一番してみたいことは?」という製作スタッフの質問にメンバーは、「友だちの中で最も面白い人たちを呼んでみよう」と意見を集約した。そしてそれはすぐに現実になった。メンバーと親友6人が一堂に会した。10年来の親交があるイケメンの親友、元プロゲーマーなど才能あふれる親友が姿を表わした。

親友の襲撃は登場から笑いを与えた。ユン・ドゥジュンの親友キム・ジュファン君は、新種の“狙撃手ダンス”でメンバーを爆笑させた。ヨン・ジュンヒョンの親友キム・ミンホ君は独自に開発した風船ダンスを披露して猛活躍を広げた。イ・ギグァンの親友として登場した元プロゲーマーソ・ギョンジョンは正体不明の「アメリカダンス」で存在感をアピールした。

続いた特技自慢バトルは、BEASTメンバーの学生時代をのぞくことができる風変わりな機会だった。キム・ジュファン君は「ユン・ドゥジュンは学生時代から下半身がすごい」と親指を上げ、チョ・ギュシク君はヤン・ヨソプの全身を隅々まで絶賛した。

チャン・ヒョンスンの親友パク・ヒョンギュ君は「ヒョンスンはとても大人っぽい。ご飯をご馳走してくれたヒョンスンに『ありがとう』と言ったことがある。これに対しヒョンスンは『今は僕がお前たちよりもうまくいっているけど、いつかはお前たちの助けが必要になるかも知れないだろ』と言ってくれた」というエピソードを伝えた。

メンバーと親友は続いて伝言ゲームを披露して再び友情を確かめた。彼らは始終ワイワイとした姿を披露して笑いと楽しさを届けた。

ソン・ドンウンは収録を終えた後、「兄さんたちと6〜7年を過ごしたが、兄さんたちの友人たちと面白い時間を過ごせて良かった」と話した。ヨン・ジュンヒョンは「親友たちと一緒にいると、忘れていた学生時代が蘇る」と感想を述べた。

親友も「ヨン・ジュンヒョン=学校だ。思い出を蘇らせる」、「ユン・ドゥジュンは滋養強壮剤だ」などの言葉を伝え、温かい雰囲気の中で撮影を終えた。

笑いと感動を共に届けた「ウッチンソ」特集に視聴者たちの反応も熱かった。ネチズンは「BEASTのまた違う姿を見られた」「爆笑しながら見た」「意味のある特集だった」「BEASTメンバーは本当に人間的だ。もう一度見返した」などのコメントを載せるなど、熱い関心を見せた。

-Copyrights(C) Nocutnews & Jpictures Syndicate-