現地人たちも満足した公演

SHINee(シャイニー)のテミンとCNBLUE(シーエヌブルー)のジョンヒョン、INFINITEのソンギュがブラジル現地で特別公演を披露して話題になっている。

今月7日、ブラジル・リオデジャネイロで開かれた「ミュージックバンクinブラジル」でテミンとジョンヒョン、ソンギュが「イパネマから来た少女」をポルトガル語で歌った。ソンギュはサンパウロの標準語、テミンはリオデジャネイロなまり、ジョンヒョンはその中間の発音という評価を受けるほど、現地人たちも満足した公演だった。現地のオーダーメイド型公演のおかげか、公演の雰囲気もやはり熱かったという。

「ミュージックバンク」関係者は「3時間に近い時間の終始、観客は熱烈な反応を見せた。以前もワールドツアーであちこち通ったが、このような雰囲気は見られなかったほどだ」と評価した。

-Copyrights(C) Nocutnews & Jpictures Syndicate-