「まるで僕がその被害者になったような気がする」

MBLAQ/イ・ジュン:韓流スター・韓流ドラマなどの韓流情報なら韓流エンターテイメント!

MBLAQ(エムブラック)のイ・ジュンが、堕天使を連想させるグラビアを公開した。

イ・ジュンがファッションマガジン「VOGUE Girl」6月号のグラビアを通じて、けだるい雰囲気の中でサイコパスリュ・テオを連想させる、柔らかながらも妙な鋭さを持った美少年の姿を披露した。

イ・ジュンは現在tvNドラマ『カプドン』でサイコパスリュ・テオ役を担って熱演中だ。特に白いユリに囲まれた撮影でイ・ジュンは「『カプドン』でリュ・テオが殺人を犯す大きな目的のなかで偶然にも今回のグラビアとコンセプトが似たシーンがあり、まるで僕がその被害者になったような気がする」と話した。

さらに続いたインタビューで、イ・ジュンはサイコパス演技のためにどんな準備をしたのかという質問に「YouTubeで実際の精神異常者のインタビューを探した」と答えた。

-Copyrights(C) Nocutnews & Jpictures Syndicate-