ドラマ出演陣も400万ウォン寄付

俳優チュ・サンウクがセウオル号沈没事故と関連し、救助活動および行方不明者家族の支援に使って欲しいと3,000万ウオンを寄付した。

韓国救世軍関係者は「チュ・サンウクさんが今日(21日)午後、緊急救護のために使って欲しいとしながら3,000万ウオンを寄付した」と明らかにした。チュ・サンウクは寄付の意思を明らかにした後3,000万ウオンをすぐに救世軍側へ寄付した。

チュ・サンウクとは別にチュ・サンウクが主役を演じているMBCドラマ『ずる賢いバツイチ女』の出演陣も400万ウオンを救世軍に寄付した。

一方救世軍はセウオル号沈没事故が起きた今月16日から、緊急救護活動中だ。

-Copyrights(C) Nocutnews & Jpictures Syndicate-